敏感肌が化粧品選びで失敗しやすいポイント

少しの外的刺激にも過剰に反応して、すぐにかゆみや赤みが出たり肌がピリピリする敏感肌の方は、化粧品選びに慎重にならなくてはいけません。
敏感肌はストレスや乾燥、加齢、アレルギーなどで皮膚のバリア機能が低下した状態なので、間違った化粧品を選んでしまうと、さらに症状が悪化したり新たな肌トラブルを引き起こす危険性があります。
敏感肌の方が化粧品選びで失敗しやすいポイントは、健康な肌の方と同じものを選んでしまいがちなところで、一般的に販売されている化粧品には、合成界面活性剤や合成ポリマー、色素、防腐剤などが配合されているケースが多いので、敏感肌の方には刺激になってしまいます。
敏感な肌の方は、たとえ安全と言われる刺激の少ない添加物にも、過剰に反応してしまう可能性があるので、できるだけ無添加のものを選ぶようにしてください。
数多くの化粧品を使うことも失敗しやすいポイントです。
たくさん使えば使うほど、肌に合わない成分に出会う可能性が高くなるので、必要以上の化粧品は使用しないよう、シンプルなお手入れを心がけましょう。
肌の表面にだけ潤いを与えるのではなく、角質層に十分に潤いを与えることが一番大切なので、セラミドなど水を蓄える力が強く、肌の角質層のすみずみまでしっかりと保湿する成分が配合されたものがおすすめです。
肌の表面を削って角質を剥がして落とす効果のあるピーリング石鹸やジェルなどは、敏感肌を悪化させて取り返しがつかないことになるので絶対に選ばないようにしましょう