敏感肌は皮膚科より化粧品の方が効率よく治せる!

敏感肌は紫外線やエアコンによる乾燥が原因で、一時的に皮膚のバリア機能が低下して、皮膚が赤くなったり、痒くなったり、吹き出物が出来やすい状態になっています。
化粧水がお肌にしみたり、ファンデーションなどのメイクアップ化粧品が使えないほと、お肌の状態が良くない時は皮膚科に通院をして、内服薬や軟膏などを処方してもらう必要があります。
皮膚科に通院をして、お肌の状態が少しずつ改善されてくると、自宅で正しいスキンケアを行うことで、皮膚の状態を改善する効果があります。
毛穴の詰まりや皮脂が気になる時は、洗顔を頻繁にしている人が多いですが、洗いすぎは皮膚が乾燥する原因になります。
洗顔石鹸を選ぶ時は、天然素材を使用した無添加で弱酸性の商品を選んで、泡をしっかり泡立てて、優しく洗うようにしたり、セラミドやヒアルロン酸、コラーゲンなどの美容成分が含まれたローションや、乳液、美容液を使ってしっかりと保湿をしておきましょう。
吹き出物やニキビが出来ている時は、指で触るのは避けるようにして、日本人の肌質に合わせて作られたニキビ専用の化粧品を使って、お手入れをすると古い角質を取り除いて、お肌の新陳代謝を高める働きがあります。
洗顔後や入浴後はお肌がアルカリ性に偏りがちなので、健康なお肌を維持するためには、弱酸性を保つ必要があります。
お肌の乾燥がひどい時は、コットンに化粧水をたっぷりと含ませて3分程度、ローションパックをするのもお勧めです。