敏感肌は美白化粧品よりも敏感肌ケアで白くなれる!

敏感肌でも美白したいと美白化粧品をお使いの方がいらっしゃるかもしれません。
ただ、実は敏感肌の方に関しては美白化粧品よりも敏感肌用の化粧品の方が、肌を白くできる可能性があるのです。
というのは一般の美白化粧品は肌への刺激が強い可能性が高いからです。
敏感肌というのはちょっとした刺激にも過敏に反応して肌トラブルになってしまう肌のことです。
そのためこういった強い成分の化粧品を使うことで、その成分に反応して肌トラブルになる可能性が高いです。
となると敏感肌用の化粧品を使うしかないことはわかるけれど、それがなぜ美白につながるのかわからない方がいらっしゃるかもしれません。
これには大きなわけがあるのです。
敏感肌というのは通常の肌よりも外部刺激に弱い肌です。
加齢やストレスなどによってターンオーバーが乱れることで、角質のバリア機能が正常に機能しなくなります。
肌が外部刺激にさらされる状態になると危険ですので、メラニン色素を発生させたり、角質を厚くしたりしてどうにか刺激から肌を守るわけですが、その結果肌が黒ずんだりごわついたりしてしまうわけです。
そこで保湿ケアが重要になってきます。
敏感肌ケア用の保湿化粧品を使うことで肌に不足している水分を補えます。
すると乱れていた肌のターンオーバーが徐々に正常に近付き、その結果肌内部に残っていて黒ずみの原因となるメラニン色素の残骸の排出や、肌のごわつきの原因となる古くなった角質がスムーズに排出されるようになり、肌が健やかになります。
するといつの間にか肌が本来あるべき色に戻り、見た目的に白くなるというわけです。